ブライダルサービスの選び方

>

ブライダルサービスについて

ゲストからも身近なスタッフ

結婚式当日、準備には大勢のスタッフが関わります。
新郎新婦のメイクアップや衣装の着付け、親族を控室でおもてなし、また、リハーサルのご案内など、メインキャストのお世話を通じて緊張をほぐしてくれます。
また一方では、結婚式に必要な備品の準備や新婦さんのアテンド、フラワーシャワーの準備に抜かりがありません。
また、平行して式の後に開かれる披露宴の会場づくり、料理の手配なども着々と行われます。
ブライダルサービススタッフは、こうした準備とともに、開催された結婚式や披露宴の最中には、音響や照明の演出をしたり、宴がスムーズに進行するように、お料理やドリンクをゲストにサーブ、写真や動画撮影のお手伝いしたりと、ゲストが楽しめるよう、会場全体に気を配ります。
ゲストにとっても、一番身近に接するスタッフであるため、マナーやホスピタリティのレベルが高いことが求められるのです。

フリーのプランナーが手配する場合

企業や会場に所属しているウェディングプランナーが結婚式をプロデュースする場合は、その施設に所属しているブライダルサービススタッフが対応します。
しかし、フリーのウェディングプランナーがプロデュースする場合は、会場も個別に手配し、サービススタッフも個別に招集して行うことになります。
組織に属さずに、いくつもの企画を成功させているプランナーであれば、企画した結婚式をスムーズに運営するのに相当するスキルを持っているスタッフを、チームとして抱えていることがほとんどです。
プランナーにお任せしても問題ないと思われますが、心配であれば、同じスタッフで行われた結婚式のビデオなどを視聴させてもらえるようお願いしてみてもいいかもしれません。
安心して任せることができるでしょう。


このコラムをシェアする