ブライダルサービスの選び方

>

ブライダルサービスとは

プランナーの所属

結婚式を企画するときに頼りになるのが、ウェディングプランナーという職種のスタッフです。
新郎新婦の希望を細かくヒアリングして、希望に沿ったプランを提案し、式の開催まで責任をもって担当してくれます。
このプランナーのスタイルは大きく分けて2つ。
1つは、結婚式場やホテル、企画会社などに所属し、来場、来社した方を担当するスタイル。
この場合は、会場やサポートサービスが確立されているため、提案されるプランも非常に具体的で、イメージしやすいのが特徴です。
また、定型化したプランも多く用意されているため、費用を抑えやすい、ということもメリットといえるでしょう。
ただ、会社の規模が大きくなると、融通が効かず、形式に限りがある、といった事もあります。
他と違う式を作りたい、という要望には答えてもらえない場合もあるので注意が必要です。

フリーランスのウェディングプランナー

会場などに所属せず、個人事務所を構えるなどで活動しているプランナーも存在します。
最近の結婚式は、開催場所として選ばれる場所も多様化しています。
レストランウェディング、ガーデンウェディング、変わったところで水族館を貸し切って、など、本当に様々です。
このような会場選びをされ、手作りの結婚指輪を作りたい、などのさまざまな要望に柔軟に対応できるのが、フリーランスの特徴です。
アイデア豊富で、プランニングも自由という魅力がありますが、式にかかわるスタッフも個別にキャスティングする必要があるため、費用が大きくなり勝ちであることは注意しておきましょう。
会場所属のプランナーに依頼するか、フリーのプランナーに依頼するかは、ご自分が希望した式ができるかどうか、という判断のほかに、予算内で行えるか、また、プランナー自身との相性が良いか、といった部分も検討材料となるでしょう。


このコラムをシェアする